FX業者選びならココがオススメ!たったの100円で始められる?!

MT4自動売買のメリット

MT4はロシアの企業が開発した誰もが満足のいくようなトレードができるようにした最新のツールです。高性能である上に無料で提供されているという部分が普及している最大の要因になっており、中級以上のトレーダーには興味深い内容があります。日々相場の分析をする際は、専用のソフトを用いていくことがインターネット社会では当たり前になりつつあるのですが、MT4に関しては他とは違った多彩な分析ツールが満載であり、自分自身に見合う方法でチャートを見ていくことが可能になっているのです。

もちろんプロフェッショナル的な思考を持つ方が使用しても、納得のいく存在であることは証明されています。 さらに分析用のチャートを自分なりにわかりやすくアレンジして活用していくこともMT4では可能であって、カスタマイズしながらチャートを確認していくことにより、儲けのチャンスも広がります。

分析の質を向上させることで、売買における際にもスムーズな取引ができるのが最大の魅力にもなっているのです。それに加え取引の際の手数料が無料であるという部分も支持されており、利益を優先させてデイトレードをすることを念頭に置いている人たちにもピッタリなアイテムになり得るのです。世界の投資家がどういうツールを用いているかを見聞きしていくことで、インターネットでの取引にも前向きな姿勢が出ていきます。

そういうこともあり、為替のテクニカルを存分に生かして、確実な利益を残しておくことが求められるのです。 一方でオリジナル指標やMT4 自動売買を搭載したこの手のシステムは、初心者向けであるかどうかが大事な側面になっています。MT4であれば、そのような悩みにもきちんと応えていくような方針をとっているため、選択に悩んでいるという方にもピッタリな内容として受け入れることが可能です。 これまで述べたメリットを見ながら、取引の現場に採用することが重要なのです。

FX業者選びはやはり経験が必要です

最初は友人の勧めで始めたのですが、ビギナーズラックは最初の2週間くらい。基本的なこととちょっとした知識を教えてもらったのですが、 やはり勉強していないと勝てない事に途中で気づきました。 それから本屋に行ってたくさん本を読み、勉強しました。 するとどの本も共通して言っている事が幾つかある事に気づきました。

今考えれば本当に基本的な事なのですが、まず資金は全てなくなってもいいお金を使うこと。 借金してまでするお金ではなく余裕をもって使えるお金でやることです。 そうしないと明日の生活費の為にやらなきゃとか借金したから返済の為にやらなきゃとなると 相場を見ていて冷静な判断ができなくなります。 これは投資家にとって致命傷と言ってもいいくらいです。

そして利益を得る時は「損小利大」細かく負けて大きく勝つ! これもFXの鉄則ですね。だからFXでは10回のうち9回取引に負けても1回の取引で勝てばトータルで勝てる投資です。 なので1回の取引では負けを潔く認めて早めに損切りができる判断を身につける事が大切です。 そしてなにより自分を知ることです。 過去を振り返ると、勝てる時は必ずといっていいほど欲を出さない、自分のルール通りに取引できている時です。

負ける時はチャンス相場だと自分で信じこんでしまって、ルールを破り、ポジポジ病(ポジションを持っていないとイケないという心理)になってしまっている時です。 過去のチャート分析をし、自分の過去を振り返りどうしてここでエントリーしてしまったんだろうとか、 どうしてルール通り入っていないんだろうとか検証し、自分を見なおして復習することはとても大事です。 FXは続けることがとても大事です。 そしてチャートを見ることです。チャートは何かを語ってくれます。 それがわかるようになれば必ずFXは勝てます。 継続は力なりです。

バイナリーオプションの難しさ

国内バイナリーオプションなら、読みさえ当たれば儲ける事が出来ると単純に思っていました。そして、基本的には為替が下がったら上がり、上がったら下がるものだと思っていました。実際にやってみても確かにそう言った動きが多かったのです。しかし、金融緩和や黒田バズーカと言われる事があった事によって、相場はガラリと変わってしまいました。一気に下がったから上がると思っていたら下がりっぱなしだったり、今度は逆になったりとしていたのです。

そのため、一気に上がったので今度は下がらずに上がって行くものだと思っていたら今度は一気に下がり、そのまま下がり続けたために慌てて損切りを行い、損害を最小限に抑えたりしていました。しかし、その途端にまた一気に変動し、そのまま様子を見ていたら全く変わる事はなく、せっかくの勝機を逃していたりもしました。こう言った様にバイナリーオプションの為替の動きと言うものは誰にも読めないと言うのを実感した上に運の良さが無ければ読む事すら難しいものだと思い知らされました。それでも上下の変動は必ずあるのだから自分の読みとは違う方向に行ってしまったとしてもそのまま勝機を待てば勝てるのではないかとそんな甘い考えでいました。

しかし、それこそが最もやってはいけない大きな間違いだったのです。今度は為替の売買を行い、予想に反した動きをしても保有したまま損切りをせずにひたすらに様子を見る事にしました。ただ、そのままずっと見ている訳にも行かないので、その日はそのままにして寝てしまい、翌朝に状態を見てみた時に有り得ない事が起きている事に気が付きました。自分の予想とは反対の方向に行ったままとなり、全く反発しなかったのです。今までの経験では、ある程度の変動があれば反発し、元に戻ろうとする動きがあったのにその時は更に大損へと向かって行っていました。

その時点で、もう元を取り戻す事すらも難しい域に達してしまったために大損をした状態での損切りを行うしかありませんでした。この時点で資金が底をついてしまい、それ以上は続ける事が困難となり、とうとうバイナリーオプションをやめざるを得ませんでした。この事からバイナリーオプションは本当に難しいものだと思いましたが、またいつか資金の調達が出来た際には再開したいと思っています。

社会人はシステムトレードを利用して取引しよう

FXの取引をして利益を出すためには相場を分析して、どのように為替の値が動くかを予想する必要があります。しかし普段平日朝から夜まで仕事をしている社会人は相場を分析するための時間を取ることができないという人も多いです。そこでこのような場合はどうすればいいのかというとシステムトレードを利用して取引をするのがいいと言えます。

システムトレードとはあらかじめ取引をするための基準を決めておく、それに基づいて機械的に取引をするというものです。そのため相場を分析する必要もないので、社会人でも無理なく取引をすることが可能です。 そして現在FXの取引をしている社会人の中でシステムトレードを利用している人も結構多いですが、この方法にはいくつかの種類があります。 まずはいろいろな売買システムを選んで取引をするミラートレーダーがありますが、この方法で取引をするときに使用する売買システムは過去の実績や取引結果から効果的な方法を選んで作成されているので、機械的に取引をするのですが、かなり精度の高い取引ができます。

次にただ機械的に取引をするだけでなく、自分の意思も反映させることができるメタトレーダーがあります。これは利益を出すと同時に取引を楽しみたいと考えている人がよく利用するシステムトレードです。 それから一度の注文で複数回の取引をすることができるシステムトレードもあります。 社会人がFXの取引をするにはシステムトレードはかなり有効なので、この方法を利用して取引しよう。

口座維持の為に料金が発生する事がある外資系の会社

FXの会社には、主に2種類あります。日本と海外の2つがある訳ですが、向こうの国々の場合は日本とは色々と違いがあるのですね。その1つが、お金を預けた時の維持費用です。 もちろん海外の会社で売買をする時にも、所定の口座に対してお金は預ける必要があります。そして向こうの会社の場合は、そのために維持費用がかかる事があるのですね。

確かある金融会社の場合は、1年間で数千円程度の維持費用がかかるのだそうです。その金融会社に対して一定の金額以上預けておく必要があり、その金額を下回っていると、無条件に数千円の維持費用がかかるのだそうです。 ですので例えば、そのラインが10万円になっているとしましょう。それで転その金融会社で何回か売買をした結果、ちょっと損が発生してしまったとします。大いに有り得るパターンですね。その場合は、前述の数千円程度の料金を支払う必要があります。

特にそのようなシステムが多いのは、日本の国内に支社を構えている外資系の会社ですね。日本国内にはいくつもの金融会社がありますが、それは全て国内資本とは限りません。中には外資系のタイプもあるのですが、その中には前述の維持費用が発生するタイプも見られる訳です。 そして、それは国内の金融会社との大きな違いの1つと言えるでしょう。国内の会社にお金を預けている分には、特に何か料金の徴収が発生する事はありません。

日本の銀行とほぼ同じですね。普通預金の口座にお金を預けているからと言って、何か料金の徴収が発生する事は無いでしょう。維持費用が無料になっているからです。ほとんどの日本国内の金融会社はそのような費用システムになっているのですが、ちょっと海外の場合は事情が異なっているのです。ですので、それは海外と日本との大きな違いの1つと言えるでしょう。 そしてFXの口座を保有するのであれば、できるだけ費用がかからないに越した事は無いでしょう。ですのでホームページの内容をよく見て、費用がかからない所を選ぶべきだと思います。

サイトマップ |  自己資本規制比率とは |  レバレッジとは |  取引単位とは |  通貨ペアとは |  NDD方式とは