FX業者選びならココがオススメ!たったの100円で始められる?!

各年代に向いているFX投資方法の一例

在宅でも出来るFXに適した年齢はありませんが、それぞれの年代に向いているFXの仕方とはあるのでしょうか。 まず大学生や社会人となりたての20代では、そもそも投資資金が多くないという人も多いので、どうしてもレバレッジを大きくしてしまいやすい傾向があります。 そのため思わぬロスカットなどを受けるということもあり得る話です。

そうならないためには高レバレッジをしたのなら、スキャルピングやデイトレードなどの短期売買が向いているトレード方法ではないでしょうか。 次に30代や40代など、金銭的に余裕が少し出てきたものの仕事などでFXのための時間があまりないという人は、一週間単位などでのスイングトレードがいいのではないでしょうか。 レバレッジは多くても五倍以内に抑えて、終末に決済するなど比較的ゆったりとした投資がいいかもしれません。

そうすればFXサイトにログインする時間を短くして、ほかの時間は仕事やプライベートに専念できます。 そして50代や定年後にFXをするのなら、レバレッジをかけずに外貨預金としてFXを利用するのはどうでしょうか。 ある程度まとまった金額があればレバレッジをかけずに済みます。 スワップポイントと呼ばれる一日ごとの金利を目当てにFXをするのも一理あるかもしれません。

スワップポイント狙いならオーストラリアやニュージーランドなどが通貨として向いています。 しかしどの年代においても預けっぱなしや放置したままでなく、積極的にチャートを見て為替相場が自分に不利になっていないか見守ることも大切になります。

サイトマップ |  自己資本規制比率とは |  レバレッジとは |  取引単位とは |  通貨ペアとは |  NDD方式とは