FX業者選びならココがオススメ!たったの100円で始められる?!

スプレッドとは

FXで取引をするに当たっては、スプレッドというものを理解しなければなりません。為替取引のレートには買値と売値が存在しますが、買値と売値の差のことをスプレッドといいます。例えばドル/円において100円10銭の買値に対して100円5銭の売値であったならば、5銭のスプレッドが生じることとなります。つまり、ドルを100円10銭で買った瞬間に、5銭の損失が出ることとなります。

スプレッドが存在する以上は、最初にポジションを保有するときには必ずスプレッド分の含み損を抱えた状態からのスタートになります。スプレッドが小さければ小さいほどポジションを保有した際に生じる含み損も少なくなり、有利な条件で取引をすることができます。

FXが始まって間もない事は、スプレッドには数十銭もの開きがあり、さらに取引のたびに手数料までかかっていました。しかし現在では取引手数料を無料としている会社がほとんどであり、スプレッドもドル/円のスプレッドであれば1銭未満に設定されている会社が多くあります。口座開設をする人を集めるためにFX業者間で競争が起こった結果、スプレッドの安さを競うようになったのです。これがスプレッドが安くなった理由です。

ちなみに、FX会社は取引手数料を無料としている代わりに、スプレッドで収益を上げています。投資家にとっては、スプレッドが取引コストとなります。注意したいのは、スプレッドは常に変化するという事です。口座開設の際にスプレッドの条件がよいと思って口座開設先を決定しても、その条件がいつでも常に適用されるとは限りません。

より具体的に言うならば、通貨ペアの取引量が多ければスプレッドは狭くなり、少なければスプレッドは開きます。最も取引量が多いドル/円はスプレッドが狭く、マイナー通貨であるトルコリラや南アフリカランドといった通貨と円のペアがスプレッドが広いのはこのためです。理由は単純で、取引量が多ければ、少ないスプレッドでもFX会社は十分に収益をあげることができるのです。取引量が少なければ、スプレッドを広げて収益を上げなければならないということです。

このため、取引量が少ない早朝は取引が少ないためスプレッドは広がることとなり、欧米市場が開かれて取引が活発化する夕方以降には、スプレッドは狭くなります。一般的に、ドルは基軸通貨であるため、ドルが絡む通貨ペアは取引量が多くスプレッドも狭くなります。この反対に、メジャー通貨が絡まない通貨ペアでは取引量が少なくなるのでスプレッドが大きくなります。

ちなみに、スプレッドの値幅を読むときには、pipという語句を用います。これは全通かに共通して用いられる表記です。

サイトマップ |  自己資本規制比率とは |  レバレッジとは |  取引単位とは |  通貨ペアとは |  NDD方式とは